飲みのつまみと言えば焼き鳥!

 

yakitori.jpg

 

しかし実は「やきとり」と「焼き鳥」で違いがあるっていう話を聞いたけど、皆さんは「やきとり」と「焼き鳥」の違いをご存じだろうか?

調べてみたところ、「やきとり」というのは豚肉の焼き鳥で、「焼き鳥」は文字通り鶏肉を使った焼き鳥の事を指すみたいです

しかしなんで、やきとりって名前なのに豚肉を使うんでしょうか?

実は昔は豚肉も鶏肉も高級品で、一般庶民でも気軽に食べられるように、通常は捨てる豚の部位を串刺しにして売り始めたのが最初みたいです

当初は「やきとん」と呼んでいたのですが、響き的にしっくりこないという事で、先に定着していた「焼き鳥」の名称にあやかって、平仮名で「やきとり」表記したという事みたいです

しかも「やきとり」と「焼き鳥」の違いは肉だけの違いではなく、同じ「やきとり」でも各地で食べ方まで違うみたいです!

というのも、全国やきとり連絡協議会に登録されているやきとり都市の室蘭、福島、東松山、今治、久留米の中で、東松山の他に室蘭も豚肉派で、東松山は辛味噌をつけて食べるのに対し、室蘭は洋ガラシをつけて食べるのが主流だという

またスタンダードな「かしら」でも違いがあり、肉の間にサンドされている野菜も、東松山はネギで、室蘭は玉ネギが挟まっている。

なんか噂では、宮崎ではやきとりは串に刺さってないっていう話も聞くので、やきとりと言っても、鉄板で焼いてそのまま食べる鉄板焼きだったり、九州の久留米のように、魚や馬まで串に刺して「焼き鳥」と呼ぶ地方まであるという…

場所が変われば、料理の仕方や肉まで違うんで、是非地方に行ってやきとりを頼むときは、何の肉かとか、串に刺さっているのか?とか色々質問してみる必要が会うかもしれない(笑)